音響

企業のコンベンションや懇親パーティー、または野外で行われるパレードや運動会・学園祭など、行われる場所に応じた最適な音響を創出し、一体感を演出します。

照明

照明の演出により、その空間は様々な姿に彩られます。 あらゆるイベントのシーン毎に、最適な照明デザインを行います。

映像

ライブ映像出力及び中継収録まで、確かな技術とチームワークで、あらゆるご要望を柔軟に対応いたします。

会議システム

国際会議から、社内会議、セミナー、学会など、その内容・規模に応じて弊社の豊富な実績と経験に基づき、最適な同時通訳のプランニングと優秀な技術陣が的確なオペレーションを行います。

新規機材/クリッカーNano

「クリッカーNano」は端末の手軽さと運用の簡易さを実現したアナライザシステムです。端末は 95mm×56mm、厚さ8mmの手のひらサイズと38gの軽さで操作者の負担にならない大きさです。電池式で充電が不要、さらに電池は約1年間持続します。 表示はPowerpoint2010、2013に対応し、設問作成や投票結果の集計は専用ソフトで簡単にできます。ExcelやPDFへの出力も可能。

新規機材/Barco E2 Screen management System

Barco E2 Screen management System は、大規模スクリーンに投影する映像を自由に構成する、ライブイベントに適したシステムです。8つのインプットソースをスケールさせ、リアルタイムにスクリーン上のあらゆる位置で 映像のサイズ変更や配置が可能です。 8つの別々のスクリーンにそれぞれ違う映像を同時に投影することも可能、 PinPや、DSK機能も備えており、多彩な映像演出を実現します。

業務実績/2016年6月

企業インセンティブイベント
パシフィコ横浜 展示ホール

業務実績/2015年3月

第3回国連防災世界会議
仙台国際センター

Portfolio

現場写真

About Us

会社概要

平成25年9月にコムエンスグループの首都圏を中心としたエリアを 担当する音響・照明・映像・会議システムを運営する会社として コムエンス東京オフィスから株式会社東京コムエンスへと独立いたしました。 独立に伴い、六本木アカデミーヒルズ49 音響・照明・映像業務を開始しました。 (ホットスケープ社様との連携契約)優れた、Hospitality Quality Creativeを目指して お客様に愛され信頼される会社であることを目標としています。

History

会社沿革

昭和44年12月、音響業務を目的として故岩崎誠亮他従業員1名により、大阪市東区高麗橋詰町30-1に大阪録音プロダクションを創業、その後昭和48年11月に組織を変更し、株式会社大阪録音プロダクションを設立しました。 創業以来、主な都市ホテルと業務委託を結び、音響映像関係の設備設計に参加、その運営に大きく貢献すると共に、各種ホール、会館、ファッションショー、国際会議など幅広く営業業務を拡張し、昭和56年に関連会社として株式会社サウンドウエイブを、平成2年には株式会社コムエンス・ホールディングス(旧社名 大録)を設立し、同年2月に社名を現在の株式会社コムエンスに変更しました。 さらに平成6年6月に従来の音響・映像業務に加え照明業務も行うようになり各種イベントのトータルプロデュース企業として成長してまいりました。 その後、平成7年4月東京に事務所を開設し、首都圏を中心に株式会社コムエンスの一員として営業活動を続けてまいりました。平成25年2月に東京・墨田に倉庫兼事務所ビルを建設し、同年9月に株式会社東京コムエンスを設立いたしました。

Something went wrong... Unable to load map... Please try to enable javascript

Contact Us

Get in touch with us.

Your message was sent, thank you!